立川市柴崎町の小林歯科クリニックは予防歯科・歯周病治療に取り組んでいます
ブログ
  • HOME »
  • 歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯周病とからだの病気

全身のさまざまなところに影響を及ぼす

歯周病は歯を失う大きな原因。歯は、食べ物がはじめて出会う「消化器」であるだけに、歯周病で歯を失うと、からだ全体に大きな影響が及びます。
さらに、歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることがわかってきています。

歯周病

歯垢(プラーク)の中の歯周病菌が、歯ぐき(歯肉)に炎症をおこしたり、歯根膜や歯槽骨を溶かしてしまう病気。
歯垢は歯の表面につく白いネバネバした物質で、この中に細菌がすみついている。手抜き歯みがきや不規則な食生活などが歯垢の増える原因に。

病名の文字が赤いものは歯周病と生活習慣が関係します。
は歯周病と関係がある要注意の病気。

歯周病とからだの病気 歯周病とからだの病気

脳…脳梗塞・認知症

歯周病菌などの細菌感染で血管の内部で炎症が起こると、菌血症になったり、動脈硬化が促進されます。
動脈硬化は脳梗塞を引き起こすリスク因子です。

また、動脈硬化により血流が悪くなり、歯周病が進むと歯の周りの歯ぐきや骨が吸収されます。その結果、噛む力が衰えて脳への刺激が少なくなり、認知症のリスクも高まります。

心臓…狭心症・心筋梗塞

脳と同様に、歯周病菌などの細菌感染によって動脈硬化が促進されると血管が細くなり、狭心症、心筋梗塞を引き起こすリスクが上がります。

肺…肺炎

お口の中の細菌が食べ物や唾液と一緒に誤って気管に入り、その結果、肺に流れ込むことでおこる肺炎を“誤嚥性肺炎”といいます。
歯周病になるとお口の中の細菌が非常に多くなるため、肺炎になりやすくなります。

また、カンジダ菌も多く存在するようになるために、口腔内に入れ歯があるとカンジダ菌が付着し、歯周病菌が増殖し誤嚥性肺炎のリスクもさらに上がるため、歯周病菌の除菌が必要になります。
飲み込む力が衰えた高齢者・寝たきりの人も同様です。

すい臓…糖尿病

歯周病と糖尿病には相互関係があり、お互いを悪化させる要因となることが最近の研究によって注目されてきました。
歯周病によって発生した炎症性物質プロスタグランチンが、毛細血管に侵入し全身にめぐり、血糖をコントロールするインスリンの働きを妨げることで糖尿病を悪化させます。

糖尿病により高血糖状態になると、免疫機能が低下し感染症にかかりやすくなります。また、傷などの治癒も健常者に比べて、時間がかかります。

したがって、細菌感染症である歯周病にかかるリスクが高まるだけでなく、歯ぐきの血管が痛むことで歯周病を進行させてしまいます。

おなか…肥満・メタボリックシンドローム

糖尿病と同様、歯周病と肥満についてもお互いを悪化させることがわかってきました。
食事の際に一口30回以上かむことは、肥満予防にもなり、厚生労働省でも取り上げられています。

子宮…早産・低体重児出産

歯周病菌によって炎症物質であるプロスタグランチンが増加すると血管内をめぐり、胎盤に付着します。子宮収縮作用のある物質が分泌されその結果、陣痛が早くなり、早産や低体重児出産を引き起こすことが最近の研究でわかってきました。

アメリカの研究結果では歯周病の人はそうでない人と比べて早産・低体重児出産のリスクは7.5倍にもなると発表されました。これは喫煙者の早産、低体重児出産のリスク7.5倍と同様のリスクになります。

骨…骨粗しょう症

歯周病は歯ぐきや、歯を支える骨に炎症が起こり、歯茎、骨が吸収される感染症の病気です。
骨粗しょう症で骨の密度が減ると骨折しやすくなりますが、歯を支える骨でも同様のことが起こり、骨が急激に吸収され、痩せることで歯を失ってしまうリスクも大きくなります。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ