立川市柴崎町の小林歯科クリニックは予防歯科・歯周病治療に取り組んでいます

ダイアグノデントについて

  • HOME »
  • ダイアグノデントについて

歯肉縁上のカリエスを数値で管理

プローブから出たレーザー光は、測定しにくい隣接面や小窩裂溝部のカリエスの歯面から約2mmの深度まで到達し、カリエスに含まれる代謝産物(ポルフィリン)である蛍光反射を読み取り、数値化します。
定期的に使用することでカリエスの進行状態を把握し管理することが可能です。

歯肉縁上のカリエスを数値で管理

2種類のプローブ

やさしいレーザー光での測定

小さなお子様や妊婦の方にも安心

これまで数値でカリエスの進行状態などを診査・診断するシステムは確立されていませんでした。「ダイアグノデントペン」は歯にそっと沿わせ、歯面に655nmの低出力のレーザー光を照射するだけなので、痛みもなく、小さなお子様や妊婦の方にも安心してご使用いただけます。

また測定された数値でカリエスの進行状態をわかりやすく説明できます。

ダイアグノデント

測定値の目安

測定値の目安

日本で「ダイアグノデントペン」をご使用いただいている臨床医の先生方からの意見を総合的にまとめた数値です。裂溝用・隣接両用プローブ共通の数値です。

 

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ