立川市柴崎町の小林歯科クリニックは予防歯科・歯周病治療に取り組んでいます
ブログ
  • HOME »
  • 院内感染予防対策

院内感染予防対策

院内感染予防対策について

ウイルス性肝炎、エイズなど病院における院内感染の問題が、テレビや雑誌で話題として取り上げられています。

院内感染とは、治療に使われる器具や機材など設備上の滅菌消毒が十分でないために、患者さんや医療従事者に感染症が移ってしまうことです。
社会的に大きな問題です。

欧米における感染予防対策に比べると、日本の感染予防は現状としてはまだまだ認識が薄いです。

当クリニックでは、患者さまに安心して治療を受けていただける様に次のような方法で、感染予防対策に力を入れています。


  1. 歯を削る道具を、患者さまごとに交換し滅菌しています。
  2. 患者さまごとにコップやエプロンなど、使い捨て(ディスポーザブル)にしています。
  3. お口の中で使用する耐熱性の器具は、全て高圧蒸気滅菌器で滅菌しています。
    耐熱性でないものは、薬液で消毒し、紫外線保管庫で管理しています。
  4. 各診療台に、口腔外バキュームで歯の切削や入れ歯の調整、歯のかぶせものの調整などに飛散する細かな物質を吸収して、感染予防に努めています。
  5. 滅菌した器具、患者さま用のスリッパも、紫外線保管庫にて管理しております。
  6. エアロクリーン  (大型空気清浄機)
    医療施設専門の大型空気清浄機を2機用いて、診療室内の空気中に浮遊している 物質除去に努めております。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ